議論する目的、意味、そして価値

議論に参加していると、時として奇妙な展開に巻き込まれているときがある。

最初の会合では議論の目的とする主題に対して的確な意見が提出される。その歴史的変遷をどのように評価するかや、それがもたらした現状の評価と分析、将来の展望など、たたき台となる案に対し様々な検討がなされ、これから取るべき方策が次々と提出され、建設的な雰囲気に満ち溢れた中で名残惜しみつつ次回の会議に持ち越しということになる。参加した各人はこの会議からさらなるアイデアが次々にひらめくほどに頭脳が「耕された」状態となっており、「ある目的に向かって一丸となってつき進んでいく」という素晴らしい共有意識が形成される。

ところが、次なる会合では、その雰囲気が一変している。いつの間にか意見を同じくする何人かで構成される派閥らしきものが複数形成されており、あれだけ議論の多様性が眼前に広がっていると思われたのに、皆がそれぞれの派閥の見解の中で留まろうとし、一体誰に気を使っているのだと不思議に思うくらいに新しい意見は影を潜め、こそこそ打ち合わせらしきものをしている不快なささやき声があちこちから聞こえてくる。異なる意見がぶつかるが、発展は全く見られない。自分達の正当性をお互いに繰り返すばかりで、時には相手の主張をただ否定するだけの言い争いとなる。議論の目的は「我々がどのように考え、どのように進むか」を明らかにする事であることは明白であるのに、聴こえてくるのは「そんな言い分はあなた達の勝手でしょう」「あなたたちに都合のいいことばかり飲めるわけないでしょう」など、いかに相手の立場が倫理的に許されないかという非難合戦に発展する場合さえあるのである。

こうした事態は、すでにネット上でも数多く起こっているようである。
社会的問題を議論する際、「我々の住む日本を少しでも良くしよう」という議論参加者共通の目的があるはずであろうが、これを全く省みずに「相手の立場が倫理的に許されない」ことを連呼することで相手の言論の社会的信用性を貶めようとし、「反対意見をとにかく封じ込める」ことに躍起になっているという、滑稽というしかない状況が存在している。

このような事はもちろんお互いに非があったからなのであろうし、そして恐らくは誰も望んでいない状況でもある。私が今現在このブログで社会問題を扱おうとしないのは、このようなことに巻き込まれたくないからである。



*このエントリは
>それにしても殺伐としてますな。ネット上での言論活動など実生活を犠牲にするほどの意味はないと僕個人は思っております。

を若干補足説明したいがために書きました。


(0:45 追加)
このエントリで、僕には倫理的判断の重要性を否定する意図はありません。その濫用を恐れてはいますが。
最近テレビでよく見るIT社長のようなやり方は僕も好みません。
それにしても、「議論」という主題は人間や組織の意思決定の問題でもあり、その普遍性から非常に扱いの難しい問題ですね。
メールでのご指摘、ありがとうございました。
[PR]
# by reko_pietro_msx | 2005-03-20 23:29 | ブログ

「『ウェブログのアイデア!』を10名さまにプレゼント」なんですと

エキサイトブログ向上委員会

エキサイトブログの中の人が、一向にエントリの質が向上しない僕のような一部ブロガーに業を煮やしたのか、このようなキャンペーンを始めたそうです。

More
[PR]
# by reko_pietro_msx | 2005-03-18 23:11 | ブログ

シェークスピアねたですか?

「3月15日に気をつけろ。(Beware the Ides of March.)」
などといいますが・・・

ここは恐ろしいインターネッツですね。

http://kiri.jblog.org/archives/001453.html


身近にブルータスがいないか、振り返る日ですよ。。。
[PR]
# by reko_pietro_msx | 2005-03-15 21:55 | ブログ

2ちゃんねるの中の人がテレビに出たそうで

いや~、見させていただきました。今日放送分「たかじんのそこまで言って委員会」。残念ながら最初の28分間だけですが。

収録に参加した2ちゃんねらー達の容姿等に関しては軽やかにあざやかにスルーさせていただくとして・・・


出演者は司会のやしきたかじん、辛坊治郎(読売テレビ解説委員)、パネラーの三宅久之、田嶋陽子、鳩山由紀夫、遙洋子、江川達也、宮崎哲弥、桂ざこば、山口もえ(敬称略)

まず、軽く2ちゃんねるの紹介Vが流れた後、パネラーの皆さんが「2ちゃんねるなどのインターネット掲示板は規制すべきか否か」という質問に回答。全員「規制すべきでない」と答えられていました。遥洋子女史は恐らく違う意見をお持ちであるようでしたが、逡巡された後でやはり「規制すべきでない」としていました。(恐らく、自分が反対することで2ちゃんねらーの出る時間が減ってしまうのではないかと番組進行の事を考えて自主規制したのでは?憶測でスマソ)

この理由として、宮崎哲弥氏が「既に規制が存在し、この法律に基づく裁判も行われている。2ちゃんねるでも利用者のログを保管しており、必要なら証拠提出も義務付けられている。これ以上の規制は必要ないだろう」という意味の意見を述べられていました。

これに続いて各パネラーのネット体験に話が移され、その中で「2ちゃんねらー」にも「どのように2ちゃんねるを利用しているか」「悪口を書いたことがあるか」など質問が振られていました。ここで答えられた方は「馴れ合い板」によく書き込む方で、「2ちゃんねらーの典型例」ではなかったことは記しておきます(そもそも典型例をどこに見出せばよいのだろうか。。。)

桂ざこば氏が「自分のホームページも自分に対する賛否が飛び交ってやむなく『工事中』にしたことがある。」とまさにタイムリーな生々しい話題を語れば、鳩山氏が「自分も昔めちゃくちゃに叩かれてムカついたが、今は全然話題にならなくて寂しい」と思わず心情を吐露したりしておりました。

番組としては非常に面白かったと思います。一方的に誰かを糾弾するというような感じは一切なく、ネット規制、メディア規制、人権擁護法案等の旬な話題が次々に語られていくという、2ちゃんねるを知らない人でも楽しめる内容だったのではないでしょうか。これにはたかじん氏の優れた司会によるところが大きいのだろうと思います。反対意見がなかったのが残念ではありますが、これはまああちこちで語られていることでもありますし、時間の制約もあるので仕方ないだろうなと。

個人的には、鳩山氏の「(事実でない話などもあるかもしれないが)どんどんやりあいながら自浄作用で話が収束していくんですよ」という意見が素晴らしいと思いました。僕はなんら党派的な立場を取る者ではありませんが、ともかくこれが民主主義の本質ではないかと思います。こうした点に関して、「コメント欄炎上→閉鎖」で双方の言論活動が不幸な収束をみるブログよりも2ちゃんねるで好きなだけ議論を戦わせたほうが健全だという考えも成り立つでしょうね。

という訳で、参加された2ちゃんねるの中の皆さん、激しく乙でした。「2ちゃんねらーはキモイ と言ってしまう子が急増!」(昔ν速に立ったスレ)とならなければいいんですが。。。
[PR]
# by reko_pietro_msx | 2005-03-13 22:33 | にちゃんねる

コメント欄について

破壊的活動が常に行われる場所においては建設的活動は殆ど不可能であるのが通常ですから、必然的に「延焼を防ぐために建物を壊す」ような解決策しか考えにくいのが現状ですね。

むなぐるま

それにしても殺伐としてますな。ネット上での言論活動など実生活を犠牲にするほどの意味はないと僕個人は思っております。
[PR]
# by reko_pietro_msx | 2005-03-11 23:34 | ブログ

2ちゃんねるの中の人がテレビに出るそうで

この企画書を書いた方がどんな「2ちゃんねらー」を想定しているのやら・・・

「2ちゃんねらー」の皆様をスタジオにご招待

巨大インターネット掲示板「2ちゃんねる」を愛好する通称「2ちゃんねらー」の皆さまで、3/11(金)の「たかじんのそこまで言って委員会」をスタジオで観覧したい方を緊急募集します!

ひろゆきさんのブログでも取り上げられていたんですが、凄い企画ですね。「2ちゃんねらー」に「もう人生捨てますた」的なネット廃人の中の人を想定しているのか、「今ではこんな人でも2ちゃんを利用している!」と思わせるような人を想定しているのかで番組の内容は相当変わってきそうですね。僕がよくいくν速ではわりとたかじんの番組には好意的な意見が多いのでこのような企画が立ったんでしょうが、やはりある種の固定観念が背後に見え隠れしている訳でして。。。固定観念により新しいものをカテゴライズし、表に出して叩くのは一部マスコミや一部評論家の最も得意とするところだけに、そうでない扱いを期待します。まあ、2ちゃんねるでもそういう傾向が多々あったりするわけですから、特に問題ではないんですかね。僕は恐らく番組は見られないんですが、その後の反応が楽しみです。
[PR]
# by reko_pietro_msx | 2005-03-08 02:54 | にちゃんねる

暇な日曜を過ごす自分と宗教の根源との偉大で知的で無価値でアヒャな関連性について

生命はただ生きるために生きている。それ自体は盲目的な、自目的的なものである。自然界では、生命といえども他の無機物と同じように使い捨てられ、殺し殺され、他の生命の栄養となり他の生命を栄養としている。人間の精神が発展し、新たな社会を創造する過程で、人類は様々な周辺環境にそれぞれの価値を見出し尊重し始めた。宗教の誕生である。また人間は盲目であることを本能的に回避したがるがゆえに人生の目的をも見出そうとし、生命や人生の価値や存在意義を何も無い所から編み出していったのだった。その根拠付けには絶対的なもの、すなわち「神」を生み出し崇め、彼にその根拠と原因の全てを帰することで行われた。そして、多くの民族がこのような観念を期せずして獲得したということは、このような観念それ自体が人類にとって生物間生存競争を生き抜くために必要なものであったのではないか、ということもできるだろう。

しかし我々人類は新しい段階に達している。ヴォルテールやニーチェは神を効果的に殺してしまった。資本主義の発展によって全てのものの価値は金に換算され表現されるようになった。あらゆる人間の行動原理は生産性や経済性に基礎付けられるようになった。そして、子孫を残すことすら今や「将来の生活不安」という経済合理性によって比較検討される事態となっている。

少子化という問題はこのような背景をもっているので、先進国においてはどこでも同じように起こっている普遍的な問題である。国力の低下や社会の世代間相互扶助機能の低下という副次的な問題も生じるためにより複雑な議論が飽きることなく続いているが、この大きな流れを止めるには人類史に残るような転換を待つしかないのであろうか。



んなこと30歳独身のお前が言うなって? そうですかそうですか。アヒャ
[PR]
# by reko_pietro_msx | 2005-03-06 16:13 | 政治

スキン変更しますた

これで更新頻度も上がることでしょう。
[PR]
# by reko_pietro_msx | 2005-02-26 02:06 | ブログ

言葉と人間の不幸な関係

言葉が人間によって発明されたものの中で最も有益で偉大なものであることに異を唱えるものはいないであろう。人類は我々を取り巻くあらゆる事物や事象に名前を付け、これらの間に即物的あるいは抽象的な関係を見出し、隠された自然の秘密を明らかにしてきた。また人間の行動や感性、思考そのものにも様々な差異を見出すことで、人類独自の価値基準を打ちたて、倫理的な行動規範を確立し、自らの社会や文化を発展させてきた。これによって人類は他の動物とは全く異なる文明社会を形成することに成功したのである。

ところが、このような言葉同士の関係性を深く追求する人間の性質が逆に人間同士の不幸な行き違いを生み出すことになるという人類最大の自己矛盾は、聖書に「バベルの塔」というエピソードで暗示的に示されているように、太古の昔よりあまりにも周知の事実であろう。

例えば、「リンゴは美味しい」というありきたりな言葉を誰かに投げかけたとしよう。
このとき、この文をそのままの意にとり、
「ああ、この人はリンゴが好きなんだなあ」
「リンゴといってもいろんな品種があるけど、どれが好みなのかなあ」
などとぼんやりと想ったり、
「これはもしかして青森のリンゴ栽培農家か販売店の人間の工作なのか」
「リンゴの価値を擁護し、財務省に補助金増額を認めさせ、自らの影響力確保に努める農水省の狡猾なる策略だろうか」
などの直感的解釈にとどまるならまだしも、この文の「リンゴ」を何かの暗喩だと考え始めると妄想の深い森に迷い込んでしまうことになるだろう。

例えば、「リンゴは美味しいよ」と言われて、
「リンゴリンゴリンゴリンゴ・・・・リンごりんごりん五輪・・・。五輪は美味しい・・・。そうか、そうだよ、この人は恐らくスポーツ団体か広告代理店かマスメディアの人間で、オリンピックにより莫大な利益を得ている事を密かに誇るためにこんなことを言ったんだよ!!(AA略」
とか、ウヨサヨ二元論者が
「リンゴは赤い・・・。すなわち、アカは美味しい。そうだ、この人はバリバリのサヨクで、無垢な若者達にサヨクは正しいという印象操作を行おうとしているんだ!!」
と言ったり、
「リンゴはかじると血が出るもの・・・。つまり、流血を伴うもの、すなわち戦争は美味しい。これは戦争賛美のウヨ思想だ!!けしからん!!」
などと言ったりするのはあんまりだと思いますし、また
「リンゴは美味しい → 臨幸覇王死。
すなわち、古代の中国においては皇帝が遠方に行幸される際、その地の有力な豪族の中で特に反骨の相を持つ者を見せしめに殺したとされるが、これを当時の人々は「臨幸覇王死」と呼び恐れおののいたという。この言葉はいつしか日本に伝わり、いつまでもかの地の権力者の恐ろしさを伝えるため、かじると出血する果物のうち特に美味なるものを「臨幸」のちに「リンゴ」と呼ぶようになったということは、現代日本においては殆ど知られていない事実である。

民名書房刊 『古代中国政治史と日本本土への知られざる文化的影響』より抜粋

っていうことが言いたいのか?この暇人氏ね」

などとネタ扱いしてしまうような話はやっぱりあってはならないと思われます。


要するに、発言する人だけではなく、理解しようとする人も気をつけましょうという、当たり前のお話なのでした。ちなみに、このエントリにはなんの暗喩もありません。ええ、ええ。



注:「バベルの塔」の解釈など全て僕の勝手な解釈に過ぎません。m(__)m
[PR]
# by reko_pietro_msx | 2005-02-12 17:05 | にちゃんねる

ネタは少ないけどきっちり落とした日本代表

Excite エキサイト : スポーツニュース

未だに興奮で眠れないんですが・・・・とりあえず万歳。

試合の注目点:

◎北朝鮮DFに背後からジャンピングニーを受けて審判に無視される鈴木師匠
◎負傷でうずくまるガチャピン遠藤を無視し、プレーを続けようとする非情なチームメイト

って、いつもよりお笑いの要素は少なめなジーコジャパンでしたねー。

北朝鮮の選手もプライド高く戦ったように見えましたし、「悔しいけど、必死に戦った結果だし、(日本に)おめでとうといいたい」という試合後のコメントも立派なものでした。(このコメントを北の人間がどうとるか分かりませんが)何より、何事もなく試合が終わったのが安心しました。関係者の皆さん、ご苦労様でした。

祖国の名誉を賭けて戦う試合はいつ見てもいいものです。
自分の国を愛するだけでなく、試合後は相手国にも情が移ったりします。
悪いのは政府であって、国民ではないですから。(寒くてスマソ)

それにしても、危機的な状況でいつも奇跡を起こす・・・・
ジーコというサッカーの神が日本に神風を吹かせているのでは、と考えてしまいますね。
[PR]
# by reko_pietro_msx | 2005-02-10 05:45 | 雑感

能天気バカの半生

僕は基本的に、人の悪意なるものを気にしない体質です。このことは僕には人生を楽しく過ごすための決定的な考え方だと思うのですが、誰も賛成の意を表してくれたりしないのが残念です。

多くの人は、他人の悪意を感じ取ることこそ知性の最大の働きだ、といわんばかりの勢いで他者の意向を勘ぐることに必死になっているようです。自分が影でバカにされるのを嫌うのは分かるんですが、僕にはどうも面倒な事のように思えます。

なにしろ、他者の行動に悪意が伴わないと考えれば、腹も立ちません。

いたずらから悪意をとれば、かわいい戯言です。
悪口から悪意をとれば、率直な批判です。
妨害から悪意をとれば、単なるおせっかいです。
攻撃の意思から悪意をとれば、人違いです(w
防衛の意思から悪意をとれば、正当防衛です。
敵意から悪意をとれば、単なる不安です。
嫉妬から悪意をとれば、単なる羨望です。
軽蔑から悪意をとれば、思いやりです。
不親切から悪意をとれば、単なる不注意です。
不満から悪意をとれば、将来への期待です。
懲罰から悪意をとれば、更正です。
ライバル心から悪意をとれば、尊敬です。
その他悪意のない行動で人を傷つける人は、単なるおっちょこちょいです。


僕は、こう考えて30年間生きております。                    (←バカ


注:上記の式を自分の正当化の為に使うのはやめましょう。



(8:10 敵意から悪意をとれば、単なる不満です。を訂正しました)
[PR]
# by reko_pietro_msx | 2005-02-05 02:20 | 雑感

読解と推論とコンピュータ

Excite エキサイト : コンピュータニュース「読解と推論ができる人工知能」

中世のスコラ哲学による精神の暗黒時代は、デカルトの合理主義とベーコンの経験主義によりその歴史を閉じた。聖書とアリストテレスの科学にその究極の根拠を置くスコラ哲学は、より確実な「真理」を見出そうとする人々によって倒され、確実性をもつ論理的思考形式と実験により検証されうる事実が新たな知識の根拠となったのである。これは今日でも、特に実践的な知性の行使の場において、決定的な土壌となり続けている。

我々は、朝ミルクを飲んだら昼過ぎにお腹を下した、次の日も、またその次の日も同じようにミルクを飲んだらそうなった、というとき、無意識のうちに帰納法的に「私という特殊な一個の生体は、ミルクを飲むと必ずお腹をこわす」という結論を下す。このようなことは、他の動物にもしばしば見られる原始的な情報処理方法である。そして、人間の場合、なぜそうなるのかを、自分の体質を医者に見てもらえば医学的に(論理的に)説明してもらえるだろう。

ところが、コンピュータの「知能」というのは、このような知性の働きとははっきり異なっている。コンピュータは、結局のところ、1か0、onかoffしか区別しない。数字も文字も音楽も映像も、この2つの集積によって記述される。どのような深遠な観念であれ、くだらない日記であれ、うんこーという文字列さえ、コンピュータは平等に扱う。コンピュータはなにも理解しない。ただ処理するだけである。コンピュータは猫虐殺グロ画像に心を痛めることは無い。データが入力され、内部処理され、出力される間に、そのデータに関してなんらの価値判断や、我々のような心理的作用を伴うことがないのである。

もちろん、現在のコンピュータでも、ゆらぎ検索のようにあるデータに近い別のデータを検索したり呼び出したりはできる。しかし、「何らかの目的をもって主体的にある事実を認識し、ここからある種の結論を引き出す」ということはコンピュータにはできないように見える。コンピュータが人間と同等の知性をもつようになるには、我々の脳内で情報がどのように記憶され呼び出されるか、特に、なにかを感じ取った時、どのような作用によって別の観念が呼び出されるか、これらの事実や概念の間の関係性をどのように認識しているのか、等が解明されない限り、無理なのではないかと思う。



というようなことを、自分のノーパソから毎日のように帰納的に結論しております。
単なる道具と見れば、ものすごい有用な道具。
だけど、自分の足りない頭脳の代わりにはならない。。。 orz
[PR]
# by reko_pietro_msx | 2005-02-03 20:37 | 雑感

一応応援を込めた態度表明など

高くつく支持者は好まれない。尾を長くしている間に、翼を短くするといけないから。

(Costly followers are not to be liked; lest while a man maketh his train longer, he make his wings shorter.)


とはかのフランシス・ベーコンの言であるが、表向き民主主義国家を標榜している我が国においてもその価値を失うことはないであろう。被選挙権がある一定年齢以上の者誰にでも与えられる現在は、支持者の側よりも支持される側の資質について問われることの方が多いのであるが。衆参両院議員の中に、自分の支持者に媚を売ることのみを考え、自分の翼を失って現実という地面に這いつくばる事しか出来ない者が多いのは残念なことである。優れた政治家とは、真に国民国家の為を思い、国家の行く末を案じ、政策を立案し、それを訴え、支持を広げていくものである。特に、将来を嘱望された若い政治家であればなおさらであろう。


ん、お前は「よき支持者か」だって?

僕は、底辺をうごめく一般大衆、いわゆる無党派層ですから。ええ、ええ。
[PR]
# by reko_pietro_msx | 2005-01-26 02:01 | 雑感

野良猫の夢

夢・・・・なんと甘美なる響きをもつ言葉であろうか。

誰もが経験する普遍的な体験でありながら、そのメカニズムは殆ど解明されていないという。
つかの間の恍惚感、目覚めたときのあの喪失感、この世のあらゆる娯楽と比較しても、これほどに質の高い享楽はほかに存在し得ないだろう。

神たる至高の存在があるとすれば、このような自然の恩恵が他の動物に存在しないなどというような不公平を許すであろうか。というわけで、近所に住む典型的な雑種の血を引く、定食屋のゴミを夜な夜な漁る主犯と目されている野良猫の寝顔をとくと観察することにした。

彼はどの猫もやるような例の就寝スタイルで、いささか退屈な表情で眠っている。

時々ひくひくと口元を動かしている。おそらく、夢の中で美味しいご馳走にありつけたのだろう。神に感謝の意を示すために右の前足をふらふらと上げたり下げたりしていることからも、私の推測が正しい事が判断できる。盗人のようにみえて、なかなか信心深いものだ。

右の後ろ足をゆっくりと円を描くように動かし始めた。
これは何の儀式だろう?
私は、仕留めたえさをしばらく殺さずにいたぶるという猫の習慣を思い出した。
ということは、彼はまた新しい生贄を神に捧げているのであろう。貪欲な猫である。信仰は人間の本性を巧みに隠蔽する社会的装置であるという言説は、またこの猫にも当てはまるのだ。

彼はここで大げさに伸びをしてみせた。彼の満腹感がここから見て取れる。
彼はすっかり全世界を征服したような大きな気分になっていると断言できる。
見よ、彼の得意げな表情を。
ひげをピンと張って自らの威を示しているではないか-
時々口をあけてごろごろと音を立てているではないか-
時々思い出したように顔を持ち上げてあたりを見回すようにしているではないか-

今の彼の精神にケチをつけることなど、どんな恥知らずでも進んでしようとは思わないだろう。それは、エセ宗教家に説教するほど馬鹿げた、味気ないものであろうから。


私は、神の公平さと野良猫のささやかな幸福にすっかり満足して、
その場を静かに立ち去った。
[PR]
# by reko_pietro_msx | 2005-01-19 03:34 | 小説

ふと散歩中に

冬の空気に触れていると、それがどこか人の精神を遠ざけようとするような、人間にとってなにか近寄り難い、陰鬱な、何者も容認しないかのような影を感じさせられ、時々ハッとすることがある。冷たい空気にさらされると、自分の精神が他の世界と隔絶しているような気がしてくる。寒さによって精神が萎縮し、にもかかわらず感覚器官は鋭いままなので、何者も恐れずに猛威を振るう自然をただ受容するしかないからであろう。

穏やかな北風の中でこのようにつらつらと考えながら歩いていると、ふと、南国の人々は開放的な、北国の人は閉鎖的な雰囲気を持つ傾向があるという俗説に考えが至った。そして、このような事は別段特筆するに価しない事なのだと納得する。鬱死。
[PR]
# by reko_pietro_msx | 2005-01-15 01:40 | 雑感