カテゴリ:雑感( 14 )

Meet the music on the radio(パクリ)

また素人の音楽談義なんてのを始めてしまう訳なんですが、僕が普段聴いているのはプログレとかインダストリアルロックだったりするんですね。

で、結局70~80年代の曲ばかり聴いているので、同時代的な感動を覚えたりってのがそんなにないのが残念なんですが、ほんといい曲に巡り会えたなーと思っています。

その出会いを与えてくれたのは、FMラジオです。一時関西に住んでたことがあって、FM802なんかでいわゆる「エアチェック(死語?)」して、新旧関わらずいいなと思った曲はすべてお気に入りとしました。音楽の技術的なことには全く無知な僕は、ギター、ボーカル、ドラム、・・・の一つ一つの音を全て聴き、感じてやるという情熱だけでラジオに耳を傾けておりました。

紅白やレコード大賞の視聴率が下がったり、CDの売れ行きが落ちたりと日本の音楽業界はなかなか大変だそうですが、我々大衆にとっての音楽の価値って言うのはどんな時代になろうと不変だと思っていますんで、たくさんの「いいな」と思える曲を生み出してくれることを期待しています。
[PR]
by reko_pietro_msx | 2005-01-07 03:24 | 雑感

紅白の視聴率が過去最低を記録

僕は音楽には全然素人なんで、そこは差し引いて読んで欲しいエントリです。

去年買ったCDで最高だったのはGreendayのAmerican Idiotですねー。買ったきっかけっていうのが、CD店内で流れていたのをたまたま聴いて、一発で気に入って、店員にアーチスト名とアルバムタイトルを尋ねて、即買いしました。以来、お気に入りで聴きまくってます。古い話で申し訳ありませんが、第47回のGrammy の最優秀アルバム賞にもノミネートされました。聴いていない人はぜひ聴いてみてください。パンクの軽快なリズムと強弱・緩急のついたダイナミックな構成に引き込まれること請け合いです。

日本の音楽では、僕個人的には特に印象に残った曲はありませんが、年末のレコード大賞や紅白歌合戦を見る限り(ザッピングで殆ど見てませんが)メロディ的にいい感じな曲が多くあった気がします。紅白の視聴率が過去最低を記録しましたが、結局は、テレビなどで音楽を知る機会が限られているからではないでしょうか。現行の歌番組がダメという訳ではないのですが、ベストテンのような番組でランキング上位の曲を日本人全体で共有していかなければ、紅白のような番組はかつてのような「国民的番組」の地位を取り戻せないだろうな、と思います。
[PR]
by reko_pietro_msx | 2005-01-02 22:29 | 雑感

用心に越したことはないんですよ、と。

「用心深さ」という性質は良く考えれば奇妙なものである。

「あの人は思慮深い」という時、発言主はその対象となる人物に「知的である」「深遠かつ広範な理性の行使に耐えることの出来る思考力を有する」「容易に同意や否定を伴うことなく様々な事実や観念を用いて思考し客観的な判断を適切に下すことができる」などの性質を付与しており、彼を「信頼のおける人物」「常に意見を聴く価値のある人間」などと誉めそやす。

これに対し、「用心深い」という言葉は「思考力がある」という性質には直接関係がない。同じように「何か行動する事に対して慎重である」という意味を持ちながら、「用心深い」という言葉には、ある種の侮蔑的感覚さえ込められている場合さえある。つまり、恐れ、心配、弱気、ためらい、進むことへの抵抗などが、必ずそうだという訳ではないが、ほとんど確実に意識されている。

こういった事情であるからして、このブログの読者の皆さんが、私が近しい人にこのように言われた時に私の中に沸き起こった感情について判断を過つという心配はないであろうと私は確信する。

「ぴえとろさんって、いつも思うんだけど用心深いよね。だけど、たいてい意味ないよね。」



この野郎逝ってよし!!   orz
[PR]
by reko_pietro_msx | 2004-12-24 02:42 | 雑感

人間の意志の力は弱いそうです

人間って、悲しいね。。。

何事も死を遅らせることはできない…… | Excite エキサイト

記事を要約すると、記念日まで何とか生き延びようとする人間の意志の力が病に打ち勝つことは考えられているよりはるかに少ない、らしいです。意志の力は超常的な現象など起こせませんよ、ということです。しかし逆に言えば、小説や映画などでこのようなシーンに遭遇したら、

有り得ない・・・・・だけど時にはこんなことも可能なんだよねっ、ぐすん

と思えるようになるのだから、かえって望まれた研究結果なのかもですね。
[PR]
by reko_pietro_msx | 2004-12-23 16:15 | 雑感