ネタは少ないけどきっちり落とした日本代表

Excite エキサイト : スポーツニュース

未だに興奮で眠れないんですが・・・・とりあえず万歳。

試合の注目点:

◎北朝鮮DFに背後からジャンピングニーを受けて審判に無視される鈴木師匠
◎負傷でうずくまるガチャピン遠藤を無視し、プレーを続けようとする非情なチームメイト

って、いつもよりお笑いの要素は少なめなジーコジャパンでしたねー。

北朝鮮の選手もプライド高く戦ったように見えましたし、「悔しいけど、必死に戦った結果だし、(日本に)おめでとうといいたい」という試合後のコメントも立派なものでした。(このコメントを北の人間がどうとるか分かりませんが)何より、何事もなく試合が終わったのが安心しました。関係者の皆さん、ご苦労様でした。

祖国の名誉を賭けて戦う試合はいつ見てもいいものです。
自分の国を愛するだけでなく、試合後は相手国にも情が移ったりします。
悪いのは政府であって、国民ではないですから。(寒くてスマソ)

それにしても、危機的な状況でいつも奇跡を起こす・・・・
ジーコというサッカーの神が日本に神風を吹かせているのでは、と考えてしまいますね。
[PR]
by reko_pietro_msx | 2005-02-10 05:45 | 雑感
<< 言葉と人間の不幸な関係 能天気バカの半生 >>