日本代表

う~む、負けてしまいましたねー、日本代表。

試合展開としては、攻めあいにもちこみたいイランと相手の勢いを削ぎたい日本のしのぎ合いという、欧州や南米の強豪国同士の戦いのような見ごたえのある内容となりました。一般的に、どちらのチームも才能ある選手を擁して、相手の一瞬のスキを突いてゴールすることができる両国の試合だと、必然的にホームのチームとアウェイのチームがそれぞれこういう戦術を取ることになるのがサッカーでは当然とされているんですね。結果、同点に追いついた日本が勢いに乗り攻め合いに応じた時間帯に決勝点を奪われるという、心理戦の結果がそのまま表れたゲームとなったと思います。確かに、同点に追いついた時間帯はかなり日本のリズムだっただけに、日本が攻撃に出るのは当然だとは思うんで仕方ないんでしょうが、それにしても悔しい敗戦でした。これで次のバーレーン戦は絶対に勝たねばならないゲームとなりました。


僕はサッカー好きということを周りに吹聴して回っているので、よく「日本って本当に強いの?」とか「どんなふうに強いの?」とか聞かれたりするんですが、とりあえず「他国と比べて技術があってパス回しが得意な方ですね」と答えています。技術といってもいろいろあるんですが、ごり押しのドリブルとかはあまり得意ではなくて、ボールを右足、左足で両方扱え、状況に応じてボールを持ち替えてボールを回していくのが巧いんですね。実際、日本の選手のボールの持ち方はすらっと上体を伸ばして巧みな足さばきからパスを回していくという感じでかなり「かっこいい」んですね。これは応援する僕としてはすごく嬉しいんですが、あまりスマートにサッカーをしようとし過ぎているとしてごり押しサッカーする国(韓国など)からは「お嬢様サッカー」などと揶揄されることもあります。前任の代表監督のトルシエはこれにかなりご立腹だった様子で、とにかくファイトする選手をどんどん代表に入れて、上手く日本代表の足りない面を底上げしてくれたと思います。現監督のジーコはサッカー大国ブラジルでも「神様」と呼ばれていたほどの技術をもった選手で、トルシエの遺産をそのままに日本のいい面を伸ばそうとしています。

サッカーにあんまり詳しくないよ、という方は、代表戦でもJリーグでも、「ボール保持者がどのようにボールをさばいていくか、それに味方の選手がどんな反応をして動いていくか、対応する相手の守備者はどこを消そうとしているか」に注目すれば、なかなか興味深いスポーツだなと思えてくるはずです。バーレーン戦では、その日本の得意なサッカーが思い切り見られることを信じてます。
[PR]
by reko_pietro_msx | 2005-03-27 01:34 | 雑感
<< ν速がいつの間にかとんでもない... 誰のためのメディアか? >>