議論する目的、意味、そして価値

議論に参加していると、時として奇妙な展開に巻き込まれているときがある。

最初の会合では議論の目的とする主題に対して的確な意見が提出される。その歴史的変遷をどのように評価するかや、それがもたらした現状の評価と分析、将来の展望など、たたき台となる案に対し様々な検討がなされ、これから取るべき方策が次々と提出され、建設的な雰囲気に満ち溢れた中で名残惜しみつつ次回の会議に持ち越しということになる。参加した各人はこの会議からさらなるアイデアが次々にひらめくほどに頭脳が「耕された」状態となっており、「ある目的に向かって一丸となってつき進んでいく」という素晴らしい共有意識が形成される。

ところが、次なる会合では、その雰囲気が一変している。いつの間にか意見を同じくする何人かで構成される派閥らしきものが複数形成されており、あれだけ議論の多様性が眼前に広がっていると思われたのに、皆がそれぞれの派閥の見解の中で留まろうとし、一体誰に気を使っているのだと不思議に思うくらいに新しい意見は影を潜め、こそこそ打ち合わせらしきものをしている不快なささやき声があちこちから聞こえてくる。異なる意見がぶつかるが、発展は全く見られない。自分達の正当性をお互いに繰り返すばかりで、時には相手の主張をただ否定するだけの言い争いとなる。議論の目的は「我々がどのように考え、どのように進むか」を明らかにする事であることは明白であるのに、聴こえてくるのは「そんな言い分はあなた達の勝手でしょう」「あなたたちに都合のいいことばかり飲めるわけないでしょう」など、いかに相手の立場が倫理的に許されないかという非難合戦に発展する場合さえあるのである。

こうした事態は、すでにネット上でも数多く起こっているようである。
社会的問題を議論する際、「我々の住む日本を少しでも良くしよう」という議論参加者共通の目的があるはずであろうが、これを全く省みずに「相手の立場が倫理的に許されない」ことを連呼することで相手の言論の社会的信用性を貶めようとし、「反対意見をとにかく封じ込める」ことに躍起になっているという、滑稽というしかない状況が存在している。

このような事はもちろんお互いに非があったからなのであろうし、そして恐らくは誰も望んでいない状況でもある。私が今現在このブログで社会問題を扱おうとしないのは、このようなことに巻き込まれたくないからである。



*このエントリは
>それにしても殺伐としてますな。ネット上での言論活動など実生活を犠牲にするほどの意味はないと僕個人は思っております。

を若干補足説明したいがために書きました。


(0:45 追加)
このエントリで、僕には倫理的判断の重要性を否定する意図はありません。その濫用を恐れてはいますが。
最近テレビでよく見るIT社長のようなやり方は僕も好みません。
それにしても、「議論」という主題は人間や組織の意思決定の問題でもあり、その普遍性から非常に扱いの難しい問題ですね。
メールでのご指摘、ありがとうございました。
[PR]
by reko_pietro_msx | 2005-03-20 23:29 | ブログ
<< Yahoo!がRSSリーダーサ... 「『ウェブログのアイデア!』を... >>